下書きに戻す

×

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | last

フォーク - 電気メス

電気メス
	概要
		スパークギャップ→真空管→ソリッドステート
	JIS規格
		300kHz~5MHzの周波数を発生させる本体を用いる
	
	1 基本構造
		本体(高周波発生装置)
		メス先(アクティブ電極・能動電極)
		対極板(拡散電極・プレート電極)
			→高周波を低い電流密度で回収
		放電はアーク放電
			電流密度がきわめて大きく、低電圧で持続性がある
	
	2 原理
		切開
			1つ1つの細胞を蒸気化させている(100℃)→ジュール熱
			連続正弦波
			出力 200~400W
			接触部での接触抵抗は200~1000Ω程度
			メス先と組織との接触面積を最小限にして通電したほうが切開効率はいい
		凝固
			ノーマル凝固・スプレー凝固
			70~90℃
			断続波(バースト波)
			出力 100~200W
			タンパク変性が起こり、血液は凝固
	
	3 出力波形
		ピーク値/実効値→クレストファクタ
	
	負荷特性
		通常電気メスは300~500Ωの負荷抵抗で校正される
	
	出力方式
		モノポーラ式
			本体内部の出力回路で、電力増幅した高周波をトランスにより接地から絶縁する。
			そして、一方をメス先、他方を対極板へと流す。
			→接地形
			
			コンデンサ→安全対策上必要
				放電の火花により、直流・低周波が発生するため、これを防ぐ。
				合成容量5000pF以下
		バイポーラ式
			非接地形
			対極板を必要としない
			コンデンサの合成容量50nF以下
	
	出力回路
		接地形(ノンフロ)
			対極板回路側をコンデンサを介し接地
			電気メスの高周波を安定させる
		非接地形(フローティング)
			対極板回路を接地より浮かす
			原理的に高周波分流は起こらない
	
	対極板
		高周波電流を低い電流密度で回収するもの
		
		1 導電性接着型
			接着剤を持った導電性高分子材料を電極板として使用
			※生体と接触が抵抗性、周波数に対して抵抗一定
				→生体との接触インピーダンス一定
			
			大きさ
				成人 100cm^2以上
				小児 50cm^2以上
				
		2 静電接触型→フローティング型のみ
			電極部分を絶縁フィルムでおおい、直接的に皮膚に接触しないもの
			→接触インピーダンス高い(∞)
			※生体と対極板がコンデンサを形成→高周波は通過しやすい
				→インピーダンス高いということはメス先から出た高周波戻りにくい
					→接地形だと高周波分流を起こす危険性あり
		
		対極板の貼り方
			1 術野からなるべく近く
			2 骨の突出、圧力のかかる部位はだめ
			3 体毛の少ないところ
			4 血行のよい筋組織がよい
			
		電気メスの事故対策
			1 熱傷
			2 爆発
			3 電撃
			4 雑音障害

フォーク - 農牧業

農牧業の起源

農耕文化

栽培植物の種類、農具や耕作技術、収穫物の調理法などを含む農耕に関した複合的文化特性。

農耕儀礼や農業制度を含める場合もあり、農業文化圏を形成する。

中尾佐助は以下の四種類を設定。


根栽農耕文化

種子植物より栽培が容易で、早くから行われた

特徴
栄養繁殖の根菜作物の栽培を中心とする農耕文化。
起源
高温多湿の東南アジア熱帯アフリカオセアニアへ伝播。
主要作物
ヤムイモタロイモバナナさとうきび

サバナ農耕文化

ミレット農耕文化ともいう。

特徴
種子で反映する夏作物の栽培を中心とした農耕文化。
起源
夏高温多湿の西アフリカサバナ地域インド華北へ伝播
主要作物
雑穀類(あわひえこうりゃん)

地中海農耕文化

麦作混合農耕文化ともいう。

特徴
種子で繁殖する冬作物の栽培を中心とした農耕文化。
起源
冬温暖湿潤の地中海東岸西アジアヨーロッパへ伝播
主要作物
大豆小麦ライ麦えんどう豆 ※家畜の飼育を伴う。

新大陸農耕文化

特徴
新大陸(アメリカ大陸)を起源地とする独自の農耕文化。
起源
メキシコ高原・アンデス山脈
主要作物
キャッサバばれいしょ・さつまいも・とうもろこし・トマト・唐辛子

フォーク - フォーク - 無題

フォーク - 無題

い

うえお

無題


	
(32view)
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | last