下書きに戻す

×

お知らせ:このアプリケーションは既に管理されておらず、2017年9月でサービス終了予定です。
GitHubにソースコードがあるため、利用したい方はこちらをご利用下さい(脆弱性が存在するため、そのまま公開しないことをおすすめします)

first | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 |

日露戦争

チャゲ

1.日露開戦
 (1) 日露対戦の激化
  ①満州還付協約 (1902.4)
   満州からの撤兵を約す → ロシア皇帝ニコライ2世は穏健派をしりぞけ、協約を無視、第二次撤兵を実行せず
  ②竜岩浦事件 (1903.5)
   ロシアは鴨緑江を声、河口近くの竜岩浦に兵営 (→ ニコライ港と改名)、森林伐採を本格的に開始
 (2) 国内世論の動き
  ①対露強硬派 対露同志会(近衛篤麿ら)・東大七博士(戸水寛人ら)
  ②非戦論
   『万朝報』 (黒岩涙香) → 主戦論へ転換
   平民社 『平民新聞』 (幸徳秋水・堺利彦ら、社会主義)
   内村鑑三 (キリスト教、人道主義)
 (3) 日露戦争
  1904.2.8 仁川沖・旅順港外の戦闘 2.10 対露宣戦布告
   (陸軍) 04.9 遼陽 10 沙河 / 05.1 旅順占領 3 奉天占領
   (海軍) 04.2~5 旅順港閉塞 8 黄海海戦 / 05.5 日本海海戦

2.戦時下の国民
 ①世界最初の総力戦 → 兵力130万人を動員
  戦没者約8万5000人、入院戦傷病者39万人
 ②戦費18億円 (内国債6億余・外債8億余・増税3億余)
  → 地租増徴 営業税・所得税・酒税の増徴
    砂糖消費税・織物消費税、相続税・通行税の新設
	塩・煙草専売の実施
  ※1905~07の税負担は1895~97年の約3.5倍
 ③市町村は緊縮財政、国民は限界状態
 ④反戦の訴え
  与謝野晶子 「キミシニタモウコトナカレ」 (『明星』)
  大塚楠緒子 「お百度詣」 (『太陽』)

3.ポーツマス条約
 (1) 血の日曜日事件 (1905.1) ロシア第一革命の勃発
  ①民衆の生活苦・憲法改正の要求 → 皇帝への請願運動 → デモを行う
  ②軍隊の発砲により3000にん以上が死傷 → ストライキの続発
  ③国会の召集を約束
 (2) ポーツマス条約 (1905.9)
  アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトの斡旋
  日本:小村寿太郎 × ロシア:ウィッテ韓国に対する日本の指導権を承認
  ②旅順・大連の租借権、長春以南の鉄道と付属の利権
  ③北緯50度以南の樺太、
  ④沿海州とカムチャッカ半島の漁業権
   → 賠償金の支払いはまったくなし → 各地で講和反対集会
 (3) 日比谷焼打事件 (1905.9)
  国民の不満が噴出、交番・内務大臣官邸などを焼き討ち
  → 桂内閣は戒厳令を布告、軍隊の出動で鎮圧

4.日露戦後の政治
 (1) 「軍部」の形成 (政治勢力と化した軍)
  ①軍人の危機感と政治への介入
  ②「帝国国防方針」 (1907)
   露・米を仮想敵国とする軍事拡張計画
    (陸軍) 平時25師団、戦時50師団 (海軍) 八八艦隊
   → 軍備拡張・悪税廃止運動 (1907~1909)
  ③帝国在郷軍人会の設立 (1910) 在郷軍人団体の組織化
 (2) 第二次桂太郎内閣 (1908.7~11.8)
  ①戦時下の農村の疲弊 → 市町村体制の立て直し
  ②「戊申詔書」 (1908) 国民に勤労と節約を求める
  ③地方改良運動の推進
   入会地の解消・寺社整理・小学校の統廃合など
first | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 |